比較

「GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイ」の比較:LINEPayカードでスマホ決済するならダウンロードしよう。

スマホ決済

LINE Payカードをスマホ決済で利用するためには、バーチャルカードを発行し、QUICPayもしくはSuicaにチャージ利用する必要があります。

QUICPay・Suicaを利用するならGooglePayやApple Pay、おサイフケータイが便利です。

ペインコ
ペインコ
スマホ決済アプリならLINE Payカードもスマホ決済できますネ 

そこで主要なスマホ決済アプリの「GooglePay」「Apple Pay」「おサイフケータイ」の3つのアプリの比較を行います。

これらのアプリは複数の電子マネーを一元管理することができます。スマホ決済を利用するのならぜひとも入れておきたいアプリです。

ここでわかること
  • スマホ決済アプリの特徴
  • GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイの比較

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイ何ができる?

「GooglePay」「Apple Pay」「おサイフケータイ」を使ってみていけどどういう機能があるのかわからない人もいるでしょう。

ここではどの様なことができるのかみていきます。

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイを使うには?

そもそも前提として、「GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイ」この3つのアプリでスマホ決済をしたいのなら、「FeliCa機能」が必要になります。

スマホの背面を確認してください。FeliCaマークがありますか?

FeliCaマークについて

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイの機能

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイの機能は主に4つです。

  • LINE Payカードでスマホ決済ができる
  • 電子マネーを一元管理できる
  • 乗車券や航空券の利用ができる
  • ポイントカードも登録利用できる

LINE Payカードでスマホ決済できる

LINE Payカードをメインカードの登録することでSuicaなどの電子マネーを利用してスマホ決済ができます。コンビニなどでわざわざおサイフを持つ必要がなくなります。

スマホ決済はスマホを読み取り端末にかざすだけなのでとてもお手軽です。

電子マネーを一元管理できる

電子マネーの登録から、チャージ、残高確認、決済までをアプリでできるようになります。

複数の電子マネーを利用している人にとっては欠かせないアプリです。

乗車券や航空券の利用ができる

「電車に乗る」「飛行機に乗る」このようなこともスマホ1つでできるようになります。

チケットの印刷の必要もなくなり、忘れることやなくすことを防ぐこともできますよ。

ポイントカードも登録利用できる

ポイントカードの登録もできます。財布の中にパンパンに入ったポイントカードを減らすことができるでしょう。

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイの比較

ウォレットアプリでよく使われているのは「GooglePay」「Apple Pay」「おサイフケータイ」の3つです。

3つのアプリにはそれぞれ特徴があります。それぞれの特徴を比較していきましょう。

対応しているOS

そもそもがアプリごとに対応しているOS(スマホ)が違います。

GooglePay Android
Apple Pay iOS(iPhone)
おサイフケータイ Android

あなたが使っているケータイがiPhoneなら使えるアプリはApple Payのみです。

AndroidならGooglePayかおサイフケータイどちらかを選びましょう。

対応している電子マネー

  GooglePay Apple Pay おサイフケータイ
楽天Edy
WAON
nanaco
Suica
id
QUICPay

Apple Payでは、ポイント還元がある電子マネーがSuicaしかなく、逆におサイフケータイはすべての電子マネーに対応していて万能です。

GooglePayで唯一使えない電子マネーが「id」です。ただし、「id」であればQUICPayで代用できるのでデメリットとは言えません。

Suicaの機能の違い

機能・サービス GooglePay ApplePay おサイフケータイ
入金(チャージ)
(Google アカウントに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)
(モバイルSuicaに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)
(コンビニ、チャージ機等での現金によるチャージ)
銀行チャージ
電車での利用
お買いものでの利用
SF(電子マネー)の残額表示
SF(電子マネー)の利用履歴表示
定期券の購入
Suicaグリーン券の購入
タッチでGo!新幹線
モバイルSuica特急券
エクスプレス予約サービス
JRE POINT・Suicaポケットの受取り
ネット決済
再発行
チャージ払いもどし・退会

※●年会費会員

Suicaを「GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイ」で利用するのに手数料などは必要ありません。

ただし、おサイフケータイのみ年会費会員になることで機能が増えます。

Suicaをメインで使いたいという人であればApple Payを強くおすすめします。Androidがいいのであればおサイフケータイが便利ですが、多機能に利用したいのなら年会費会員の登録が必要です。

大した機能を使わないのであれば、GooglePayでも充分とも言えますね。

対応しているクレジットカード(プリペイド・デビット含む)

  GooglePay Apple Pay おサイフケータイ
対応しているクレジットカード KyashVISAカード、JACCSが発行するカード、JCB対応カード、LINEPayカード、ゆめカード、ライフが発行するカード、SMBCデビットカード JCB、orico、クレディセゾン、ビューカード、三菱UFJニコス、アメックス、エポスカード、auwalletクレジットカード、TSCUBICカード、、JACCS、アプラス、Yahoo!カード、JALカード、ANAカード、J-WESTカード、UCSカード、三井住友カード、イオンカード、dカード、セディナカード、ライフカード、ポケットカード、ソフトバンクカード 電子マネーよる(電子マネーごとに登録が必要)

最もクレジットカードの種類が豊富なのはApple Payです。

おサイフケータイに関しては、電子マネーのアプリでチャージ元のカードを設定を行うので電子マネーごとに登録できるカードが違うことになります。

Androidだと「GooglePay」「おサイフケータイ」どちらを使うべき?

結論を述べるとおサイフケータイよりGooglePayのほうが使い勝手は良いでしょう。

その理由を一つずつ紐解いていきましょう。

使える電子マネー

対応している電子マネーの数はおサイフケータイのほうが多いですが、差としてはidがあるかないかの違いです。

idの特徴

加盟店数が85万店で最も使えるお店が多い電子マネーです。QUICPay同様ポイントの付与などはありません。

どうしても「id」の加盟店舗で利用したいという人以外は、加盟店数70万のQUICPayで充分代用できるはずです。

使える電子マネーよる差は殆どない。

QUICPayについての記事

LINE Payカード
LINE PayカードはQUICPay対応でiPhoneでも使える!バーチャルカード・プラスチックカードの使いみちLINE Payカードにはプラスチックカードとヴァーチャルカードの2種類があり、プラスチックカードのLINEPayであれば提示することで...

Suica

Suicaの機能は年会費会員であれば、おサイフケータイのほうが多機能です。

ただし、そこまでの機能を求めていないのならGooglePayでも気にならないはずです。

モバイルSuicaの特急券やグリーン券の購入などの機能を利用しないのならどちらも変わらない。

これらの機能を使いたいのであればおサイフケータイで年会費会員になる必要がある。

決定的な違いはアプリの仕様

おサイフケータイはもちろんGooglePayをスマホ決済利用するには、おサイフケータイのアプリが必要です。

それに対して、おサイフケータイでは電子マネーごとのアプリをダウンロードする必要があるのです。

まとめると

・GooglePayのスマホ決済利用に必要なアプリ

「GooglePay」+「おサイフケータイ」

・おサイフケータイのスマホ決済利用に必要なアプリ

「おサイフケータイ」+「利用する電子マネー」

ここでわかるのはAndroidではスマホ決済に「おサイフケータイ」のアプリが必要ということ。

また、おサイフケータイはスマホにダウンロードされた電子マネーのアプリを管理するアプリということになりますね。

複数の電子マネーを所持している場合、スマホ内のアプリを増やしたくないのならGooglePayを選ぶ。

LINEPayカードを登録してチャージ利用

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイそれぞれのアプリを比較してきましたが、お気に入りは見つかりましたか。

ここで紹介したアプリでLINEPayカードを利用するためには、LINEPayカードを登録し、メインカードにする必要があります。

GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイでは、クレジットカード(プリペイド・デビット含む)をいくつか登録をすることができます。

その中で利用するカードがメインとなりチャージできるようになるのです。