猿だって勝てる株知識

資産を守る!退場しないためのルール【絶対厳守】

大損をしてしまったときこう思いました。

――このままでは退場してしまう・・・

かぶとらです。

今回は退場しないために絶対に守ったほうが良いルールを紹介します。

マイルールがいまいちな人は、参考にしてみてください。

この記事でわかること

退場しないルール

かぶとら
かぶとら
退場しないルールがわかります

退場しないルールとは?

なんとなく取引している状態は非常に危険です。

まずは、退場しないためのルールを紹介します。

  • 信用取引をしない
  • 損切りルールを作り守る
  • 買わない勇気を持つ
  • ナンピンをしない

耳にしたことがあるルールもあるかもしれませんね。

信用取引をしない

信用取引とは、証券会社に一時的にお金を借りて取引をすることです。

信用取引で怖いのは、借金をして株を取引するから・・・だと思いがちですよね。

かぶとら
かぶとら
信用取引が怖いのは、自分の実力以上のお金を扱えるところなのです。

初心者の人が、1千万円で取引を始めようとするとどうでしょうか?

端っから1千万円なんてとてもじゃないですが・・・

自分の実力以上のお金での取引は恐怖心を生み、恐怖心は保持力を下げることに。

最初は、少資本で自分の実力に合わせて入金していきましょう。

損切りルールを作り、守る

正直なところ僕も損切りが苦手。

人間は損をしたくない生き物です。

そりゃ誰だって進んで損をしたいとは思いませんよね笑

人は、利益を得た金額と損した金額が同じだと、損した気分になってしまうようにできています。

だから、損切りが苦手な人が多いわけですが、損切りをできることで「資産を守り」「塩漬けを防いで新たな株を買う」という、攻守においてメリットがあります。

損切りする時はギリギリの心の時「やばい!やばい!やばい!」 ツイッターのタイムラインを見ても下落を予想させるツイート。 相場全体の大きな下げは、持ち株の下げにもつ...

買わない勇気を持つ

「待つのも相場」

このような格言があるくらい、何もしなことも投資において重要です。

かぶとら
かぶとら
お金でおいて置くことがもったいなく感じてしまうけど、割高なときに無理して買うメリットはないですよね。

経験が少ない人ほど、無駄に取引をしています。

株式投資は上手な人ほど、取引回数が少ないです。

相場には波があり、それに合わせて株価も上下します。

無理に取引しないことでできたキャッシュポジションで、その波に上手に乗れるわけです。

ナンピンをしない

ナンピンとは、持っている株の株価が買値よりも低い状態で株を買増すことを言います。

ナンピンをすると、購入した株の平均取得単価を下げることができ、損を薄めることができます。

同時に上昇した時の利益も大きくなりますね。

ナンピンをして株価が上昇すればいいですよね。

でも・・・逆に下がったときは怪我が大きくなる上にナンピン沼にハマってしまうことも。

かぶとら
かぶとら
基本的にナンピンするときは、株価が下がっている下落トレンド。株の基本は上昇トレンドで株を買うことです。

ナンピンをしていいのは、計画していたときのみにしましょう。

さぁマイルールを決めよう!

退場しないためには、ルールを作りましょう。

今回紹介したルールは

  • 信用取引をしない
  • 損切りルールを作り守る
  • 買わない勇気を持つ
  • ナンピンをしない

この4つを含めたマイルールを持つようにしましょう。

投資ルールがあることで、とっさの判断も早くなります。

かぶとら
かぶとら
投資ルールを決めたのなら投資ノートの表紙にでも書いてみましょう。

退場しないためにもルールを守りましょう。