かぶとらのプロフィール

毎日真面目に働き、1日中汗をかきながら仕事をこなす。

そんな日々を続けていましたが、あることに気づきました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 名称未設定のデザイン-1.png です

初めまして。社畜投資家の「かぶとら」といいます。

名前の由来 干支が由来
本業 うだつの上がらないサラリーマン
副業 株投資、ブログ運営
性別 男性
住処 栃木

↓初心者に向けた内容でnoteも書いてます。

兼業投資家として5年目。

なかなか勝てない日々を送っていましたが、今年に入り順調に利益を伸ばせるようになりました。

なぜ、投資を始めたのか、なぜブログを始めてたのかをぜひ読んでみてください。

サラリーマンだけの収入に疑問を感じる

もともと真面目で、やり始めたら最後までやり通すという性格。

もちろん仕事にもその性格は反映され、日々評価される為の努力を続けてきました。

ただ、それだけ仕事に打ち込んでいると、仕事でのストレスはピークに。

プライベートではひたすらウイニングイレブン。

サッカー好きにはたまりません。

たまに出かけてもお金を消費するだけ。

仕事、ゲーム、仕事、ゲーム・・・

社畜として頑張った成果として得られた代価は僅かな昇給。

そして昇給額どんどん少なくなっていき、頑張る意味を考えるように。

なぜ頑張っていたのだろう。頑張った先に何があるのだろう。なぜこんなにイライラしないといけないのだろうか

そう考えるとただひたすら仕事に取り組むことに疑問をもつように。

心に余裕のある生活を

「こんなことを定年まで続けるのか」そう思うことで憂鬱になっていました。

給料も上がらない現状に、将来に向けて漠然とした不安も生まれて焦る日々。

「心にゆとりを持たないと」そう思いました。

「時間に、お金に、仕事にと余裕があれば心に余裕が生まれる」

そう考えた僕は本業だけでなく副業に取り組むことに。

副業と言ってもアルバイトを始めるわけにはいきません。

転売、不動産、FX、アフィリエイト・・・

さまざまなものがあるものの中で僕が選んだのは株式投資でした。

理由は簡単、なんかかっこいいから。

最初は本当にそれだけ。

単純ですね、はい笑

ただ、株投資を行いながら他の副業を調べていくと、あながちこの選択は間違っていなかったなと思うように。

  • 家にいてできる
  • 仕事中に作業がいらない

この点で株式投資は副業に向いていると思っています。

大損ぶっこきそして、勉強

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は books-927394_640.jpg です

株式投資を初めて数年は、数冊の本を読んだだけで取り組んでいました。

そんなことで稼げることはなく数年は成果も出せずにいました。

2014年 年利-17.5%

2015年 年利  2.2%

2016年 年利  1%

「これはいかんぞ」と思いやる気を出して勉強をするように

次の年、勉強の成果は結果に現れました。

2017年 年利 12.5%

ここで調子に乗ってしまった僕は次の年に大損をぶっこいてしまいます。

2018年 年利 -20.3%

この年1番の損を出したときは、相当ショックで凹みました。

当時のメモにはこんなことが書いてあります。

自分の不甲斐なさに落ち込む。こんなことが1日で起こってしまった。

まぁ起こるべくして起こったことなのだが、この11/15と言う日を忘れないようにしたい。

僕の投資人生の中で1番の失敗である。

かぶとらメモより

そこからは、マインドを中心に改めて投資の勉強に本気で取り組むようになりました。

ここで重要なのはマインドが変わったことです。

失敗というのは、本気で悔いることで初めて自分の糧となるのです。

株で勝てない本当の理由「まだ上がると思ってたのに!」 「あーどんどん含み損が増えていく」 「絶対上がると思ってたのに!」 「ツイートに騙された」 こん...

このブログの意味

ここまで偉そうに語ってきましたが、僕の株の利益はそこまで大きくなく、成果も出始めたばかりでまだまだ未熟です。

知識量は初心者に毛が生えた程度かもしれません。

ただ、頭がいいわけでもない窓際サラリーマンでも、株も継続しコツコツと続けていれば勝てるのだと言うことを伝えたくてブログを始めました。

このブログを通して、負け続けている株投資家の人や、初心者の人に勝つためのマインドや知識、テクニックを共有できればなと思っています。

また、このブログは僕自身の成長にもつながると確信しています。

アウトプットは最大のインプット。

そう思っています。

あと、株を一緒に学べる人を見つけれればな、なんて思ったりもしています。

かぶとらと学びたいという気持ちを持った人はTwitterに気軽にDMしてください。