猿だって勝てる株知識

みんな投資ノートどうしてるの?

僕がバスケットマンだったころの話。

所属していたバスケットクラブにはマネージャーなるものが存在していて、スコアブックというものをつけていました。

バスケのスコアブックは投資で言うところの「投資ノート」。

で、そのスコアブック。スコアブックというとデータ分析の元祖。
強いチームは、データ分析うまい、これ鉄則ですよね。
それだけ、データというのは大事なのです!

投資ノートを付けていない人にひとこと言いたい。

まだ投資ノートつけてないの?

今回は投資ノート入門の記事になります。
投資ノートをつけることで、メンタル面劇的に変わります。

この記事でわかること

・投資ノートの必要性
・投資ノートの付け方

投資のノート入門

バスケの試合の後、僕は毎回スコアブックを見ていました。

何点入れたのかを確認する、ただそれだけ。
自己満の極地。

スコアブックの使い方はそうじゃない。
本当は、
「この選手は今日抑え込まれていた、なぜだろう。」
「この選手はこの時間帯に強いな。」

そういう風にチームの強みを探したり、改善点を見つけるところに意味があるわけですよ。

つまり投資ノートも自分の投資手法の欠点や改善点を探すためにつけるわけです。

人は忘れる生き物である

エビングハウスの忘却線というものがあります。

人間がどれだけ忘れやすい生き物かをわかりやすく経時でグラフ化したものです。

出典:トリニティ株式会社

上の図を見ると、
人は20分で40%
1時間で半分を
1日経つと2/3を忘れるということがわかります。

「人は忘れる生き物だ」ということが納得できましたか?

投資ノートの必要性

投資で上達するためには、物事を順序立てて合理的に考えていく必要があります。
そうなると、株を買ったときの考え方というのは重要です。

しかし、困ったことに株というのはすぐに結果が出るとは限りません。
買った株がすぐに上昇して利確したとしても、その後数カ月後にはさらに上昇している場合もありますよね。

数ヶ月前に銘柄ごとに買った理由が言える人は少ないんじゃないですか?
というか、買った理由を覚えてろというのは無謀ですよね。
だったら記録しましょうよっていう話なんです。

投資ノートに何を記録する!?

ここまで記事を読んで「じゃあ投資ノートつけるか」となってもらえたら嬉しいです。
で、何を書くのとなっているかもしれませんねw

具体的にどのようなことを書けばいいのかいくつか上げていきます。

①トレード履歴

いつ、何を、いくらで、どのくらい買ったかというのを書いていってみましょう。
また、買った理由や考えも書くといいですね。

考えを書いておくことで、自分の考えがあっていたか、投資ルールがあっていたかの確認ができ、次への投資に繋がります。

②銘柄選定

銘柄を選定した際の資料や考え方、目標株価などを記録しておきましょう。
これらは何度も見直すことが多いと思います。

投資基準を決定づけるためにはこの作業が必要です。
投資ノートを付けて変更をどんどん加えしょう。

③マクロ経済の分析

マクロ経済を無視して、株式投資は語れません。
自分なりにマクロ経済への考え方や市況などをメモしておくと後で役立つかも。

投資ノートに書くことを習慣にすることで、マクロ経済の動きがわかるようになります。

④その他

投資ルールや学んだことなど、忘れたくないものはメモる癖をつけたいですね。

投資ノートは外付けハードディスク

投資ノートがあるかないかで成長スピードは格段と変わってきます。
資産増大を本気で目指すならぜひやるべきです。

人がどれだけ忘れやすい生き物なのかは、この記事の最初の方で学びましたよね。
だから投資ノートが必要だと言うわけです。

投資ノートには4つ記録しておくべきことがありました。
①トレード履歴
②銘柄選定
③マクロ経済
④その他の重要なこと

投資ノートを書いて、外付けハードディスクを増やしていきましょう。