比較

キャッシュレス決済の比較とおすすめを紹介。現金払いはもはや時代遅れ!

キャッシュレス決済

日本人のクレジットカード所持率は70%を超えています。つまり70%以上の人がキャッシュレス決済を利用したことがあることになります。

2019年現在キャッシュレス決済はクレジットカードに限らず多くのサービスがあります。


ペインコ
ペインコ
でもどんなサービスがあってどんな特徴があるのかワカリマセン

そこで今回はキャッシュレス決済の比較を行います。キャッシュレス決済ごとのおすすめも紹介していくので、キャッシュレス決済を始めるきっかけなればと思います。

ここでわかること

  • キャッシュレス決済とは
  • キャッシュレス決済の種類と特徴
  • キャッシュレス決済のおすすめ

キャッシュレス決済って何があるの?

そもそもキャッシュレス決済とは、現金を使用しないで支払いをする決済方法のことをいいます。

現金を持たないことで盗まれる心配や、お金が足りなくて払えない心配がなくなるなどのメリットがあります。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類はたくさんありますが、ここでは4つに分類していきます。

キャッシュレス決済 媒体 決済方式 利用 おすすめ
店頭 ネット
クレジットカード カード ポストペイ 楽天カード
電子マネー カード・スマホ ポストペイ・プリペイド・デビット Suica
コード決済 スマホ・タブレット プリペイド LINEPay
オンライン決済 スマホ・タブレット・PC ポストペイ・プリペイド・デビット × とくになし

決済方式について

決済方式には3つの方式があります。

ポストペイ型(後払い):クレジットカードを代表とする決済方式です。商品を買った後にまとめてお金を払う(引き落とされる)支払い方法をさします。

プリペイド型(前払い):電子マネーを代表とする決済方式です。商品を買う前にお金を払いチャージをしてそこから払う支払い方法をさします。

デビット型(即時払い):デビットカードを代表とする決済方式です。商品を買うと同時に銀行口座から引き落とされる支払い方法です。

キャッシュレス決済ごとの特徴とおすすめ

それぞれのキャッシュレス決済には特徴があります。店頭で使えるキャッシュレス決済ごとの特徴を解説した上でおすすめのサービスも紹介していきます。

クレジットカード

ポイントカード

キャッシュレス決済の中で最も浸透しているサービスです。それだけに対応している店舗を多くあります。もっとも使いやすいキャッシュレス決済といえます。

活用できるシチュエーションが豊富

いろいろなジャンルの店舗で利用できるので、使えなくて困るといった場面は少ないでしょう。また、オンライン決済にも使えるので1枚あればいろいろなシチュエーションで利用できます。

公共交通機関で利用できない

欠点としては公共交通機関での利用ができないところにあります。バスや電車での対応がされていないのが欠点と言えます。また、飲食店では利用の制限がある場合が多いです。手数料が高いせいでそのような対応が取られているのです。

サインもしくは暗証番号が必要

コンビニやスーパーでは求められることが少ないですが、多くの場合でサインや暗証番号の入力を求められるでしょう。

おすすめのクレジットカード

楽天カード

  • ポイント還元率が高い(1%)
  • 楽天のサービスは幅広いのでポイントが貯まりやすく、使いやすい

電子マネー

スマホ決済

電子マネーは種類が多く存在しています。チャージをして決済に利用するプリペイド型が多く採用されています。

種類が豊富

これはメリットでもありデメリットでもある特徴です。種類が豊富で、それぞれの電子マネーごとに使える店舗が違います。

そのため自分にあった電子マネーを見つけれるでしょう。逆に、種類が多すぎるせいで、1つの電子マネーで使える店舗の幅が狭まっている感じもあります。

決済が早い

電子マネーの決済方法は読み取り端末にタッチをするというものです。キャッシュレス決済の中では最も決済が早いです。

おすすめの電子マネー

Suica

  • 公共交通機関で万能な電子マネー
  • 店舗利用も幅広く使え通勤・通学で困ることはない
  • iPhone・Androidでのスマホ決済にも対応している

コード決済

コード決済

現在最も勢いのあるキャッシュレス決済です。コードを読み取ってもらい決済・コードを読み取り決済と2種類の方法があります。

キャンペーンがお得

現在最も勢いがあるだけにキャンペーンがとてもお得です。数あるコード決済サービスが独自のキャンペーンを打ち出しています。

LINEPay・PayPayのキャンペーンまとめ

利用できる店舗数が少ない

クレジットカード・電子マネーと比較すると対応している店舗数が少ないです。そのため物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、今後伸びしろのあるキャッシュレス決済サービスなので、店舗もどんどん増加していくことが期待されています。

スマホ決済ができる

電子マネーもスマホ決済に対応していますが、コード決済であればスマホのスペックに依存することなくスマホ決済が利用できます。

おすすめのコード決済

LINEPay

  • コード決済だけでなく電子マネー、プリペイドカードにも対応している
  • その他の機能も充実している
  • キャンペーンが豊富
  • iPhone・Androidでのスマホ決済にも対応している

LINEPayのことを詳しく知りたいのなら

結論:LINEPayが1番使いやすくお得

LINEPayであれば、電子マネーのような使い方、クレジットカードのような使い方全てに対応できます。すべてのキャッシュレス決済サービスの中でもそのようなサービスは今の所LINEPayのみです。

今後のキャッシュレス決済はスマホ決済が中心になっていくことが考えられます。スマホ決済対応しているキャッシュレス決済は「電子マネー」と「コード決済」です。

ただし電子マネーはFeliCa機能がスマホに必要です。となるとスマホのスペックに依存していない「コード決済」使いやすいことは間違いないですね。

その中で最も優れているLINEPayを使って行くべきではないでしょうか。

スマホ決済についてしりたいのならこの記事