未分類

スマホ決済「LINE Pay」とは?機能と特徴を詳しく解説

LINE Pay

現在コード決済サービスが数多く出てきていて様々なキャンペーンを行っています。その中でもお得なキャンペーンをたくさん行っているのが「LINE Pay」です。

今回は「LINE Pay」を使い始めようかなと考えている人が、コンビニで利用できるようになるまでの手順を解説していきます。

LINE Payのキャンペーンに魅力を感じているのなら、読み進めてください。

LINE PayはLINEのスマホ決済サービス

「LINE Pay」とは、国内の利用者数が8000万にいると言われているコミュニケーションアプリ「LINE」で使えるスマホ決済サービスのことです。

「LINE Pay」は現在利用者数430万人を突破していて、スマホ決済の中では利用者数が2番目に多いサービスです。

「LINE」のアプリをダウンロードしていれば、簡単登録で利用できることができます。

主なLINE Payの機能

  • 加盟店・サイトでの決済機能
  • 金融機関などからのチャージ機能
  • 友人とのお金のやり取りができる送金・割り勘機能
  • 銀行に出金する出金機能

さまざまな種類の決済方法

LINE Payは決済機能だけでもたくさんの決済方法があります。

LINE Payの決済方法

  • コード決済
  • LINE Payカード決済(QUICPay)
  • オンライン決済
  • 自販機でのBeacom決済
  • 請求書支払い
  • LINEポイント決済

コード決済

加盟店の店頭でQRコード・バーコードを提示して読み取ってもらうもしくは、お店側に提示されたQRコードを読み取ることで決済を行う方法です。

電子マネー決済

LINE Payでは電子マネーによる決済もできます。そのためには「LINE Payカード」を作る必要があります。

オンライン決済

対応しているサイトで買い物をする場合にLINE Payを選択することで、クレジットカードなどを登録せずにLINE Payからお金を払うことができます。

自動販売機でのBeacom決済

LINE Payでは自動販売機にかざすだけで決済できる機能もあります。ただし、対応している自動販売機はキリンの「Tappiness自販機」のみです。

請求書支払い

請求書を手元に用意することで自宅にいても支払いをすることができます。ただし、今の所対応している請求書の種類は少ないです。

LINEポイント決済

LINE Payを利用することで貯まるLINEポイントを利用することで様々な商品に交換したり、LINEモバイルのお支払いやLINE Pay残高(LINE Payの電子マネー)に交換もできます。

さまざまなチャージ方法

LINE Pay残高はいろいろな方法でチャージが可能です。

LINE Payのチャージ方法

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • レジチャージ
  • Famiポート
  • オートチャージ
  • LINEポイントによる交換

銀行口座

主なチャージ方法は「銀行口座からのチャージ」になります。LINE Payに銀行口座を登録することで、アプリ上で手続きができお手軽です。

自分で定めた残高よりもLINE残高が少なると自動にチャージされる「オートチャージ」も銀行口座から行われます。

セブン銀行ATM

LINE Payカードをかざすことでセブン銀行でもチャージをすることができます。スマホの場合はFeliCa対応である必要があります。

レジチャージ

レジチャージにはLINE Payカードを渡してチャージする方法と、LINE PayのQRコード・バーコードを提示して行う2つのやり方があります。

Famiポートでチャージする方法もありますが、レジチャージのほうが簡単でおすすめです。

LINEポイントによる交換

LINEポイントはLINE決済に交換することができます。交換レートは1P=1円です。

便利な送金機能

LINE Payを利用しているLINEの友達に、LINE残高を送金することができます。その他にも割り勘代の請求もできます。

LINEですべて済んでしまうのはありがたいですね。

銀行を通して出金

LINE残高を現金に変えたい場合には、登録している銀行の口座を通すことで出金することもできます。ただし、手数料216円がかかります。

出金方法

  • スマホコードで出金
  • LINE Payカードで出金

出金の方法はATMに表示されてQRコードを読み取る方法と、LINE PayカードをATMに入れて出金する方法2種類あります。

LINE Payの特徴

 

LINE Payには様々な機能があるのはわかりましたね。ここからはLINE Payの特徴について解説していきます。

上限金額 10万/100万円
利用手数料 無料
送金手数料 無料
出金手数料 216円
ポイント還元率 0.5/0.8/1.0/2.0%

上限金額

LINE Payのチャージ上限金額は100万円です。利用金額に関しては上限はありません(チャージ金額目一杯まで使える)。ただし本人確認がされていないと上限金額が10万円までになります。

利用手数料

基本的に利用手数料・年会費などは発生しません。出金を行うときのみ、その都度216円の手数料が必要になります。

ポイント還元率

LINE Payでは利用した金額に応じてポイント還元率が変わるインセンティブプログラム(利用による報酬制度)が採用されています。

アカウントごとに利用額に応じたマイカラーが定められ、その色によって「0.5、0.8、1.0、2.0%」とポイント還元率が変わっていきます。

LINE Payカード

LINE PayではLINE Payカードを発行することができます。LINE Payカードを作ることでQUICPay決済ができるようになります。

本人確認

LINE Payは本人確認を行うことでより便利な利用にできます。

本人確認を行うことで解除される機能

  • 残高上限の解除
  • LINEの送金機能
  • LINE残高を銀行口座に出金

本人確認を行うと「LINE Cash」から「LINE Money」になります。

LINE Moneyになることで上に書いた機能が解除されます。

本人確認出典:LINE Pay公式ブログ

LINE Payのセキュリティー

お金のやり取りをするサービスだけにセキュリティー面は気になりますよね。本当に安全・安心してサービスを利用できるのか?情報漏えいの危険はないのか?

2018年の12月にPayPayでの不正利用が相次ぎました。そのようなことが起こると不安感は増します。

結論から言うとLINE Payには補償制度があるので万が一の場合も安心できます。

LINE Payでは、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を導入しています。
送金・支払い・出金など全てのLINE Payサービス*が補償の対象となり、損害額はLINE Payがカバーし

*被害者の責任が認められる場合を除きます。
*損害発生時から、30日以内の申し立てが必要となります。
*LINE Cashアカウントの1事故あたりの補償限度額は、原則10万円です。
*LINE Moneyアカウントの1事故あたりの損害額が10万円を超過する場合は、補償限度額の引き上げを個別検討します。
 

出典:LINE Pay公式ブログ

便利で安全なサービス「LINE Pay」

これからはキャッシュレスの時代と言われています。そうなると注目が集まるのはスマホ決済ですね。

LINE Payはスマホ決済の中でも一番おすすめできるサービスです。

LINE Payをおすすめする理由

  • たくさんの決済方法
  • 便利な機能
  • 安心できる補償

たくさんの決済方法があるのでいろんな場面で利用できます。現金利用ですと銀行口座を通さないとできない送金が簡単にできる便利機能。

さらに補償制度もついています。現在キャッシュレスを考えている人はLINE Payの利用を検討してみてはどうでしょうか?