ニュース

スマホ決済とは?メリット・デメリット、セキュリティー、LINEPayなどの種類について解説

キャッシュレス

電子マネーやコード決済などスマホ決済がキャッシュレス決済の主流になりつつあります。

お金を保つ必要のないスマホ決済では、お金のやり取りをする必要がなく決済が簡単というメリットがあり、とても便利なものです。

しかも、ちゃんとした知識を持って使えば安全。お金を落とす、盗まれる心配はありませんからね。

ここではスマホ決済のメリット・デメリット、種類、セキュリティーについて解説しています。

スマホ決済とは?

スマホ決済はキャッシュレス決済の一つで、スマホで支払いが済んでしまうサービスです。

キャッシュレス決済には「クレジットカード」、「電子マネー」、「コード決済」の3種類があり、スマホ決済ではと「電子マネー」と「コード決済」に対応しています。コード決済はスマホを使わないとできません。

決済方法 キャッシュレス決済の主な媒体 スマホ決済
クレジットカード プラスチックカード ×
電子マネー プラスチックカード
コード決済 スマホ
オンライン決済 スマホ・PC

クレジットカード

スマホにクレジットカードを登録してスマホ決済を行うことはできません。ただ、オンライン決済であったり電子マネーを通すことでクレジットカードを利用する方法があります。代表的な電子マネーは「id」と「QUICPay」です。

idやQUICPayは電子マネーでの利用をそのままクレジットカードの利用にするサービスなのです。

電子マネー

おもな電子マネーにはいくつもの種類があります。それぞれの電子マネーごとに特徴があり、使い分けをすることでいろいろな場所で使えるようになります。

主要電子マネーの特徴

  • Suica…公共交通機関で利用ができる。駅ビルなどでも利用ができ幅広い場所に対応。
  • 楽天Edy…楽天市場でも使える楽天スーパーポイントがたまる。
  • nanaco…セブンイレブンを始めセブン&アイホールディングでの利用ができる。
  • WAON…イオンを中心に様々な場所で利用ができる。
  • id…加盟店数No1。最も使える場所が多い電子マネー。
  • QUICPay…アイフォンでクレジットカードのスマホ決済を使うのならこれが必須。

電子マネーでスマホ決済を行うためにはウォレットアプリを利用するか、電子マネーごとのアプリをダウンロードする必要があります。

基本的に非接触IC決済(スマホを読み取り機に近づける決済)となるのでFeliCa対応でないとスマホ決済は行なえません。

Felicaについて

コード決済

LINEPayを始めとするコードを読み取ってもらい決済するサービス。最近多くのサービスが出ていて、それぞれに特徴がある。

主要コード決済の特徴

  • LINEPay…コード決済、電子マネー両方に対応。幅広いサービスが有る。
  • 楽天Pay…楽天市場でも使える楽天スーパーポイントがたまる。
  • PayPay…100億円キャンペーンで一気に知名度を上げたコード決済。
  • d払い…ドコモユーザー優遇のコード決済。使い勝手はいまいち。
  • Origami Pay…唯一ベンチャー企業が運営。ポイント還元ではなく支払額から値引き。

コード決済はスマホのスペックに依存することなく、どのような機種でも利用できる特徴があります。

オンライン決済

ECサイトでの買い物をクレジットカードを始めとする様々な方法で決済する方法。自宅でも手軽に利用できることが特徴です。

スマホ決済のメリット・デメリット

キャッシュレス

現金での決済と比較したスマホ決済のメリット・デメリットをみていきます。メリットが多いことから考えても現金払いよりも優れていることがわかります。

メリット

スマホ決済を行うメリットは5つあります。

現金を持ち歩かなくて良い

現金を持たなくて良いことで、落とす心配、盗まれる心配がありませんね。また、財布もいらないのでバックやポケットもスッキリとしています。

チャージがいつでもすぐできる

現金であれば残高がすくなるなると銀行口座から引き落とさなければいけません。スマホ決済であれば気づいた時にすぐにチャージが可能です。

支払いが簡単かつスピーディー

お金を渡して受け取るということがなくなります。また、いくら渡すかということを考える必要もなくタッチ、もしくはバーコードを提示するだけで支払いが終わりますね。

ただし、事前に残高の確認は忘れないようにしましょう。

セキュリティー性が高い

スマホ決済ならスマホを落としたところで使われる心配はありません。スマホのセキュリティーと、決済サービスのセキュリティーの2重のセキュリティーで守られているからです。

万が一不正利用があったとしてもLINEPayなど補償制度があるサービスなら被害をうけることはありません。

ポイント還元やャンペーンでお得

決済サービスが毎日何かしらのキャンペーンを行っています。例えばコード決済であれば20%還元が毎月期間限定で行われています。

それだけでなく。通常時であってもポイント還元があり、現金では得られない特典があります。

デメリット

それでは、あなたが気になっているデメリット面をみてみましょう。

電源が切れると使えない

スマホの電源が切れてしまうと使えなくなってしまうサービスが多くあります。ただし、中には電源が入っていなくてもつけるサービスもあります。利用する前に確認してみましょう。

利用できる店舗が限られている

サービスごとに加盟店が限られているため、いくつものサービスを併用したり、対応していないお店で利用したいのなら現金を持つことになります。

ただ、通勤時コンビニだけしか行かないなんて人には、スマホ決済で事足りますね。

情報が取られている

どこで買い物をしていくら使ったという情報いわゆる「ビックデータ」が、スマホ決済を利用するとみられてしまいます。しかし、そのデータは不正利用されてしまうのでしょうか?

そうではなくそれは企業が利益を出すために利用されます。ただし企業が利益を出すということはサービスの使いやすさが改善されることにもつながるのです。回り回って利用者に帰って来るようになっています。

情報が見られていることが気持ち悪い人にとってはデメリットですが、そうでもない人にはメリットとも言えるかもしれませんね。

スマホ決済の仕組みとセキュリティー

スマホ決済の仕組みとセキュリティーをみていく上で重要なのは、情報のやり取りです。スマホと読み取り機の情報のやり取りの方法、情報の保存方法をみていきましょう。

FeliCa方式

電子マネーのスマホ決済はFeliCa方式が採用されています。スマホを読み取り端末にタッチして決済されると音がなるというものです。

FeliCa方式では情報は全て暗号化されており暗号を解く鍵データも決済ごとに変更するなど徹底されています。

クレジットカードなどの情報はサーバーから取得しており、取得した情報は決済後アプリケーションから破棄されるので安全。

ただし、悪意ある読み取り端末にタッチをしてしまうと情報を読み取られてしまいます。海外での利用では特に注意しましょう。

コード方式

コード方式もFeliCa方式同様情報は暗号化されています。また読み取り端末側の情報はすぐに消えてしまいます。

アプリケーションのコードも一定時間で更新されるので画面キャプチャによるコードの不正利用はできません。

気をつけなければいけないのは、利用者がQRコードを読み取り決済を行う方法を取るとき。偽のQRコードを読んでしまうと全く別もものにお金を支払うことになってしまいます。

スマホ決済だけで生活できる?

スマホ決済の中でも一番話題になっているサービスはコード決済ですよね。なぜ今コード決済がもてはやされているのでしょうか?

理由としては店舗側がコード決済を取り入れやすいからです。

なぜコード決済がおすすめなのか?

コード決済が店舗に取り入れやすい理由は2つです。

手数料が安い

クレジットカードは個人店が多い飲食店や小売店では4~5%の手数料が取られてしまいます。しかし、コード決済では3%前後。個人店で取り入れられれば、自然と利用できる店舗も増えますよね。

端末料が安い

キャッシュレス決済をお店で利用できるようにするとなるとお金がかかるのは手数料だけではありません。導入時に読み取り端末にもお金がかるのです。

端末手数料は3万~数十万するものもあります。ただしコード決済であればQRコードを用意するだけで済むのです。実質無料で導入できるわけです。

このような理由からコード決済は多くの店舗で利用されることが考えられます。そうなるとスマホ決済だけで生活することもできるようになります。

スマホ決済を利用するなら決済方法が豊富なものがいいですよね。それがLINEPay。スマホ決済はLINEPayをおすすめします。