猿だって勝てる株知識

事業が「投資」の企業に投資するのはよしたまえ!

何をやっている会社なのか?

これを知らずに買うことは、相手の仕事を知らないで結婚するようなものです。

将来が不安でたまりません!

この記事でわかること
  • 見るべき企業の要素の1つがわかる
  • 企業の事業の見方

稼いでる事業をみよう!

買おうとしている事業をちゃんと知ろうよというお話です。

もし結婚している相手がいるのなら、何で稼いでいるのかって重要ですよね?

もしニートだったら?

夢追人だったら?

結婚対象として考えないですよね?

僕の過ち

僕が以前買った銘柄の話です。

オークファンという株の話しなのですが、その時は業績がかなり改善していました。

そこで株購入を決めたのです。

しかし、よくよく見ると投資事業で業績が上がっていただけだったので、1日もしないうちに売ってしまいました。

6月21日に200株だけ購入してその後買い増すつもりでした。その時のメモには

  • 成長過程
  • 営利の増大
  • 1000円超えは余裕→判断ミス

かぶとらメモより

と書いてあります。なんだか笑えますね。

買った過程を話すと6月時点で

  • 2月以降大きくを値を下げていた→割安感
  • 営業利益がハンパないことに→10倍以上になっている

「これはすごい!」とテンションが上ってしまったわけです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o-kufan.png です出典:オークファン決算短信より

正直、代表メッセージの写真に違和感があり、不安を感じつつも買ってしまったんですよね。

ちゃんと見直してみた

見切り発車で買ってしまったことと、代表の写真がどうしても気になって笑

決算短信を見直してみたんですよね。

そこで自分の過ちに気づきました。

決算短信の事業別の画像を見てもらうと、インキュベーション事業が一番利益を出しているのがわかります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o-kufan2.png です出典:オークファン決算短信より

インキュベーション事業の詳細を見てみると「営業投資有価証券の売却及び」という文字が。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o-kufan3.png です出典:オークファン決算短信より

おいおいおい、ただ株投資で儲けただけやないか・・・

重要なのは何でどれだけ稼いだか

株投資をしている身で、株投資事業を否定しているようになっていますが、正直、投資で稼いでいるような会社の将来は無いと思っています。

本来は、メイン事業で成果を上げるべきですよね。

そもそも有価証券の売却益は、特別利益に含まれるもので、売上利益に含むものでは無いと思うんですよ。

誠実性を欠いているのではないかな。

何に注視すべきか

企業の事業を見るときには

  • 事業別で
  • 地域別で
  • 顧客別で

見る必要があります。

「事業別」を見ることで、オークファンの良くないところを見抜くことができました。

「地域別」と「顧客別」を見ることでマクロ経済の影響があるかどうかを知ることができます。

例えば中国の割合が大きい事業がメインだと、米中貿易戦争の影響を大きく受けます。

違和感も意外と大事

「その企業が何で稼いでいるかを見ることが大事」ということを話してきました。

内容としては

  • 事業別で
  • 地域別で
  • 顧客別で

みるといいと言うことも伝わったのではないでしょうか?

本当は更に深堀りする必要性もあるのですが、それはまたの機会に。

記事の途中で「代表の写真に違和感」と書きました。

実はこの感覚大事だと思っていて、僕の場合は企業毎の代表のメッセージを必ず読むようにしています。

みなさんも是非真似してください。

きっと勝てるようになれます。