初心者がまず読む記事

初めての買う株どれを買えばいいのかわからないぃぃぃ!株はどれ買う何を買う?

株式投資は買ってからが投資。

株を買うまではまだ投資していない状態ですよね。

証券口座を開設したことで満足していませんか?本番はこれから。

とはいっても、何を買えばいいのかわからないから投資初心者なわけで。

買わないと初心者を脱することはいつまでもできない・・・

そんなジレンマから抜け出すために「初めて買う株のポイント」を紹介していきます。

これから買う株の参考にしてください。

この記事でわかること

株を買うときのポイント

成長している株を買おう!

最初に結論を言ってしまいます。

「成長している株を買え!」

それだけです。

成長している株の見分け方

ここで言っている成長している株とは、事業の業績が伸びていることです。

とは言っても成長株の見分け方がわからないのが初心者。

何をみればいいのか?株を買うときのポイントをこれから解説していきます。

解説の中でわからない単語も出てくると思います。

基本的には四季報や決算短信にのっている単語です。

もしググってもわからないという人はこちらを参考にしてみてください。

  1. 売上高が3期連続で上昇している
  2. EPSが3期連続で大きくなっている
  3. 売上利益率が3期連続で上昇している
  4. 週足チャートでみて上昇トレンドである
  5. 知っている企業を買う

①売上高が3期連続で上昇している

事業において売上高が伸びていないのは、成長していないのと同じです。

売上高からいろいろ引かれて利益になります。

つまり売上高は利益の源泉。

売上高が大きくなれば利益も大きくなる余地ができるというわけですね。

②EPSが3期連続で大きくなっている

EPSは一株あたりの純利益。

つまり、会社がどのくらい稼いだが、一株単位で表されているわけです。

1株当たり10円稼いでいる企業よりも、1株50円稼いでいる企業の方が買いたいですよね。

とここまで読んで正直わからない人も多いと思います。

最初は僕も全然理解できなかったです。

こう考えてみましょう。

中忍のナルトは戦闘力500。分身の術で10人に別れました。

1人あたりの戦闘力は50になりますね。

1人当たり戦闘力10よりも1人当たり50のほうがみんな羨ましく思います。

これと一緒で一株当たり10円の株よりも50円の株の方が価値が高く思えてほしくなります。

なので、この数字が年々大きくなっている企業を買いましょう。

③営業利益率が3期連続で上昇している

営業利益が増加していることは、本業で利益を上げることが効率良くなっていることがわかります。

売上がもし上昇していなくても営業利益率が上がることで、純利益は大きくなります。

純利益を上げることを目的としている企業側としては、営業利益率を上げることは必須なのです。

④週足チャートで上昇トレンドである

中長期投資においては、週足チャートを見るのが基本です。

ここで、上昇トレンドになっているものを選びたいですね。

株の鉄則として「上がっているものを買え」というものがあります。

上がっている株はそこからさらに上がる可能性が高いということです。

⑤知っている企業を買う

「知っている企業を買おう」ということは、投資の本などでもよく言われていることですね。

理由としては

・株の知識が少ない中でも知っているものを買うため

・自分が良いと思った株に投資することで保持力が上がる

・いいと思う企業→成長している企業の可能性が高い

少しわかりやすく投資漫画の「インベスターZ」を具体例にあげます。

インベスターZの中で主人公である財前孝史は、最初に購入する株をゲーム会社のゲーキチという会社に決めました。

「なぜゲーキチにしたのか?」

・自分の好きなものの中にゲームがあったから

・その中でもゲーキチには他のゲーム会社にない面白さがある

「孝史が語るゲーキチの面白さとは?」

ゲーム自体は対して面白くないのだが、広告の出し方が他のゲーム会社と違う。

ユーザーを考えたテレビ広告の出し方をしている。

観たい番組の途中で広告を出しても、その広告を見てゲームしようとする人は少ない

ところがゲーキチは番組が終わってから広告を出している。→番組が終わって後であれば、ゲームをやろうかなと思えるから。

とこのように孝史は考えてゲーキチを買ったわけです。

同じようにというのは、なかなか難しいところがありますが、少し妄想を含めながらも「こうだからこの株は上がる」と思える理由が見つけられるといいですね。

最初は、最近行った店の勢いがあるなとか活気があるなという理由でも充分です。

普通とは視点を変えたものの見方でみることを意識することも大事なのでトライしてみてください。

初めて株を買うときの注意点

ここからは、初めて株を買うときの注意点を少しお伝えします。

最初は損をしてもしょうがないと思い投資をする

正直なところビギナーズラックで軽く儲けるくらいなら、大きく下落する株を掴んで失敗したほうがいいと思っています。

成功したことで調子にのるよりも、失敗から何かを得られたほうがいいと考えるからです。

先程の5つのポイントに従って取引をしても、損をする確立はあります。

なぜなら、成長株は高値づかみをする確立が高いからです。

なので、最初は少資本で行うことを徹底してください。

投資ルールをしっかり持っておく

投資ルールにそって投資をすることで感情に左右されない投資ができるようになります。

すると損切りもできるようになるんですね。

投資初心者はこの「投資ルールに従って取引をする」ということをまずは身に付けなければいけません。

この記事をまとめてみる

このブログの管理人である「かぶとら」の投資スタイルは、「中長期×成長株」投資を基本としています。

成長株を中長期的に持って利益を出そうというものです。

先程の最初に買う株のポイント5つは、成長株に基づいてあげているポイントです。

長期目線で投資することも意識してください。

ポイント5つを振り返ると

  1. 売上高が3期連続で上昇している
  2. EPSが3期連続で大きくなっている
  3. 売上利益率が3期連続で上昇している
  4. 週足チャートでみて上昇トレンドである
  5. 知っている企業を買う

というもの。

そして、最初は少資本で行い、損をする前提で買うようにしましょう。

そして、投資ルールに従って取引を行ってください。

さぁこれで取引ができるようになりました。

次は損をしない銘柄を選ぶために必要な投資基準について学んでみましょう。