かぶとらの意外とためになる話

最速で株で勝つための3つの勉強法

「どうやったら勝てるようになるか?」

これは初心者であれば誰しもが疑問に思うことですね。

簡単に勝てるようになることはありませんが、勝つための近道は存在していると僕は思っています。

この記事では、勝つようになるための勉強法について書いています。

明日から実践することであなたも勝てるようになるはずです。

どのようにして勝てるようになるか

僕が株を始めて最初に取り組んだことは、低位株の投資本の手法を真似るというものでした。

ただ、こういった本に出ている手法というのは、すでに真似をされていて残っている株は余り物。

それに気づかずに取引をしていた僕は、結局まともに勝つことができませんでした。

それならと決算短信の読み方などを本で学びつつ、ツイッターやネット上で勝てる手法を探しました。

現在、ツイッター上でも有益な情報をツイートしているアカウントも多くあるので、この勉強法も有効だと言えるでしょう。

その中でわかったことは下の3つです。

  • 過去から学ぶ
  • 投資手法を真似る
  • オリジナリティを出す

過去から学ぶ

上がる株の傾向は、過去に高騰した株が教えてくれます。

過去に高騰した株がどのような株か?共通点は?自分で考えながら研究をしましょう。

例えば「株ドラゴンの年初来安値からの値上がり率 ランキング」を見てます。

このランキングで上位にいる株がどのような傾向で上がり高騰したのかを研究してみましょう。

すると共通点があることに気が付きます。

それをノートにまとめて実際に共通点と同じ銘柄を買ってみましょう。

投資手法を真似る

投資スタイルが決まっている人であれば、同じ投資スタイルの人のブログやツイッターのアカウント、本などを参考に投資スタイルを丸まる真似てみましょう。

また中長期投資をするのであれば、世界的投資家である「ウォーレン・バフェット氏」の本を読むのもおすすめです。

投資手法を真似てみて、うまく言ったのならなぜそうするのかを考えます。

自分なりの理由をみつけつつ、何度もトライして行きましょう。

オリジナリティーを出す

結局真似しているだけでは、確実に勝てるようになりません。

なぜなら、その時代、ライフスタイル、考え方に適した投資の仕方があるからです。

ようは、投資にも個性が出るから。

投資マインドを学ぶことでその個性をなるべく薄くするわけですが、全てを無くすことはできません。

だからある程度のオリジナリティーが必要です。

僕が低位株で失敗したようにみんな同じ投資方法を実践していればいずれ勝てなくなるということも理由の一つです。

基礎知識の必要性

株を学んでいく上で基礎知識をつけなければ話になりません。

まぁまずは勉強をしようという話になってしまいますね。

結局ツイッターで知識を得ても、それをうまく使う知識がなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

投資について簡単に書かれている本も多いので、株とはなにかといったところからまなんでみてはどうでしょうか。