負けない投資
とらの自己満話

気づいて行動する重要性?一円玉だって拾ってみよう。

なんとなく日常を過ごしていると、なんとなく日々は過ぎていきます。

惰性で仕事をして惰性で飲みに行って惰性で寝る。

こんな生活スタイルに陥ってはいないですか?

そんな生活をしているとついつい見落としがちなのが周囲の変化。

その変化に気づかないままだと取り返しの付かないことになるかもしれません。

この記事では日常を変えるためのヒントがえられ、1円玉を拾いにいきたくなります

拾われない一円玉

最近では少なくなったかもしれませんが、僕が子供の頃は、駅の券売機のところというのはよくお金が落ちていたんですよね。

一度だけ1万円札を拾って交番に届けたことがありました。

交番に届けた落とし物って3ヶ月以内に持ち主が現れなかったら、拾った人のものになるのを知っていますか?

その時は届け物がお札なので、もちろん落とし主は現れず1万円は僕のものになりました。

母親に渡して帰ってこなかったのは言うまでもありませんね笑

このときは1万円だったから拾ったわけです。

あなたも1万円が落ちていたら、ついつい拾ってしまいますよね。

ただし1円玉だったらどうでしょうか?

気づいたら拾ってみる重要性

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 37b17203d23b8cbc343282cee35945d5_s.jpg です

もしかしたらその1円玉はとても希少価値が高い1円玉かもしれません。

でも1円玉を拾わないことにはそのことには気づくこともできないですよね。

そのことに気づくためにも1円玉を拾うという行動が必要になってきます。

価値のある1円玉はたくさん落ちている

日々、目にする事柄にも1円玉と同じようなことが起きています。

今の給料に納得がいってないあなた。でもかと言って何をすればいいのかわからない。

SNSを除けばみんなが「副業」と言っているけどそんなの自分に関係ないと思ってしまう。

これって1円玉が落ちている状況と同じですよね。

気づくことが重要、気づいても行動することが難しい

副業が重要だと気づいたとしても、実際に副業を始めようとする人は少ないのではないでしょうか?

1円玉を拾うかどうかを考えるとわかりますよね。

副業を始めようとしても何をすればいいのかわからず立ち止まります。

取り組むことを決めても実際に手を動かすことができずに立ち止まります。

実際に手を動かし始めても3日坊主で立ち止まります。

なかなかハードルが高いんですよ、副業をするということは。

でもこの記事を読んでいるあなたなら、気づくことの重要性と行動する難しさがわかっているはずです。

それなら1円玉を拾いに行きましょう。

変化するものだけが生き残れる

進化論を唱えたダーウィンが残した言葉にこのような言葉があります。

最も強いものが生き残るのではなく、

最も賢いものが生き延びるのでもなく、

唯一生き残るのは、変化できる者である。

徐々に世の中にも変化が起きています。

そんな中で生き残れるのは変化に気づき、行動を起こした人です。

現状を維持している人は淘汰されてしまうかもしれません。

・・・ちょっと言い過ぎた感がありますが、淘汰までいかないまでも確実に困窮してしまう時代は近づいています。

どうですか?1円玉拾いに生きたくなったんじゃないでしょうか。