かぶとらの意外とためになる話

炭酸水選びでわかる本質を見抜く力

「おっこの銘柄営業利益5年連続で上昇してるじゃん」

買い買い~

これをみてどう思います?

普段のあなたの銘柄選びと比べてどうでしょうか。

物事を選択する時には、本質を見極めるのが重要ですよね。

今日は炭酸水を例に本質を見極める重要性をお話をしていきます。

これを意識することで、企業のことをもっと深堀りできるようになり、利益も安定しますよ

南アルプス天然水レモン炭酸の素晴らしさ

普段あなたが飲む飲料はなんでしょうか?

僕は絶対的なレモン炭酸派なんです!

いきなり何だと思うかもしれませんが、少しだけ南アルプス天然水愛を語らしてください。

炭酸水の中でも買うのは、南アルプス天然水の「天然水スパークリングレモン」と決まっています。

なぜ南アルプス天然水なのかって?

もちろんその理由は美味しいから。

ただ、美味しく感じる理由もちゃんとあるんです。

僕はコンビニなどで飲み物を買うのもたいてい炭酸水です。

いろいろなレモン炭酸水を買ったのですが、一番美味しいのは南アルプス天然水ですね。(あくまで個人的見解です)

なぜ南アルプス天然水のレモン炭酸水が一番おいしんだろうか?」僕は考えました。

そこでわかったことがあるんです。

原材料を比較してみる

ここで原材料を見てみたいと思います。

コンビニでよく見かける、「天然水スパークリングレモン」と「ウィルキンソン炭酸レモン」と「THE TANSAN LEMON」の3つを比較してみます。

商品 原材料
天然水スパークリングレモン ナチュラルミネラルウォーター、有機レモン果汁、炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
ウィルキンソン炭酸レモン 水、炭酸、香料
THE TANSAN LEMON レモン果汁、レモンエキス、炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、酸味料

比較してみると、たかだかレモン風味の炭酸水なのに意外と違いがあるんですよね。

ここでわかるのは、ウィルキンソンのレモン風味は、香料を使った完全なる作り物ということ。

また、THE TANSAN LEMONにはレモン果汁以外に、レモンエキス、それに加えて酸味料を添加して酸味を出しているようですね。

レモンエキスとは水やアルコールを使ってレモンから特定の成分を抽出したものらしいのです。

ということは、レモンエキスは人工加工して作られているものです。

そう考えると、天然水スパークリングレモンはより自然体の味に近いものと言えるな。

僕は、その自然体の味が好きなんだということがわかりました。

「なぜ」を追求する

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20190630_102638.jpg です

炭酸水のことでもわかるのですが、何事にも疑問を持つことが大事です。

物事の本質で重要なところはまさに疑問を持つこと。

僕のように天然水スパークリングレモンではなく、ウィルキンソンが好みの味だなんて人ももちろんいるでしょう。

「なぜ好きなのか」を追求したことで、原材料を確認するということをしてその違いがわかりました。

この様になぜ?と疑問を持つことが大事なことなのです。

株投資に生かしてみる

僕が、投資する企業を見る時に特に気にしているのは、「売上高成長率」と「営業利益成長率」です。

売上成長率が10%の企業Aを見つけた場合に、「この企業めちゃくちゃせいちょうしているな」と思ってすぐに買おうとはしません。

この場合、なぜ成長しているのかを見極めます。

もしかしたら、証券(株)を売った利益で売上を上げているだけで、メイン事業はからっきしだめな可能性もあります。

企業Aを調べたらちゃんと本業で、売上を上げている感じでした。

そこでまた「買おう」とはなりません。

なぜ本業が成長しているのか?

たまたま大きな案件がとれて、売上が上がっていてだけだと、次回の決算では成長しませんよね。

継続的な利益を出せる仕組みづくりをしたのかを深堀りして確認してから買うのが大事です。

物事の本質を見抜く力

世の中情報に溢れていますが、その情報すらも本当かどうか怪しいものです。

情報を得た場合に、そのまま信じるのではなくてなぜなのかという視点を持つことで本当かどうか見抜くことができるようになります。

本質を見抜く力というのは、株投資には絶対的に必要な能力です。

なぜの視点を持っていきたいものです。

もちろんこのブログも、すべて正しいことが書いてあるとは限りません笑

レモン炭酸水の様にその人にあったものがありますからね。

なぜの視点を持って記事を読むことをおすすめします。