意外とためになる話

良い投資と悪い投資、誰でも良い投資はできる

自分の投資を振り返っていますか?

売ったら終わりでは、何も得られるものないですよね。

せっかく、リスクを負って投資をしたのだから、そこからお金以外の学びがあっても良いはず。

今回の記事は投資の振り返りについての記事です。

まだまだ自分の投資に自信がもてない、手法を確立できていない人は読んでみてください。

かぶとら
かぶとら
振り返ることで投資も上手になりますよ

良い投資とは?

何を基準にして良否を見分けるのでしょうか?

利益が得られれば良い投資なのでしょうか?

そうとは限らないと思うんですよね。

投資ルールに従う

株式投資の取引の原点として、投資ルールに従うというのが大事だと思っています。

例えば、たまたま投資ルールを守らない取引で利益を得られても、それが続くのか考えてみるとどうですかね。

ボクシングでは、ガードが硬い相手にはボディーで崩してからパンチを打ち込むという戦法が普通です。

例えラッキパンチーが当たって勝てても、次もそれが続く可能性は非常に小さいですよね。

だから、ストレートやボディーブローを磨いて常勝を目指すのです。

ここでいう、「ボディーを崩してフェイスを狙うこと」が投資ルールになります。

投資ルールに従うことが勝利への近道ということです。

良い投資とは、ルールに従えた投資

かぶとら
かぶとら
僕の考えでは成功した投資とはルールに従った投資のことを言います

なぜか?

投資ルールが正しい場合

投資で利益を得られることができます。

ルールが正しいと証明でき、利益が出る限りはルールを変える必要も少ないでしょう。

投資ルールが正しくない場合

損をしてしまうかもしれません。

その場合は、ルールを見直すことで次回の投資への良い勉強となります。

投資ルール通りできなかった場合

運良く利益を得られてもそれは続きません。

また、損失が発生しても次の損失を抑える手立てが無いですよね。

成功した投資を増やすためにできること

成功した投資を増やすには、投資ルールがなければ始まりません。

まずはルールを作りましょう。

投資ルールを作った上で

・投資ノートをつける
・ぶれない軸を身につける

この2つが成功した投資を増やすポイントになります。

投資ノートをつける

投資ノートをつけることには

・株について思考する
・思考を見直す

このような効果があります。

投資ルールなどを見直すことは、思い出すきっかけになり、投資ルールを守るために必要不可欠です。

ぶれない軸を身につける

ぶれない軸を身につけるには、投資ノートも一つの手でしょう。

他にはノイズを入れないということも大事です。

ノイズを入れないためには必要ない情報を入れないすることが大事です。

・ツイッターをみない
・ザラ場はチャートを見ない

成長には成功した取引が必要

成功というのは自信に繋がりやる気に変わります。

成功体験をたくさん持つことは良いことでしょう。

かぶとら
かぶとら
最初はルールを守れただけでも成功体験になります。

そして成功体験を増やすために良い投資を増やしましょう。

そのためには

①ルールを作る
②ノートをつける
③ぶれない軸を身につける

ことが必要です。

順に実践してみましょう。