教科書にない指標の見方

高ROE・高ROAでは利益をあげられない!?その理由とは?

ロエ?ロア?なんて読むの?

投資の指標って読み方がわからないですよね。僕はPERはペー、PBRはピブラとか意味のわからない読み方をしていましたw

基本的に株の指標の読み方は、アルファベット読みをすればOK。
PER→ピーイーアール
PBR→ペービーアール
ROE→アールオーイー
ROA→アールオーエー

恥をかかないように覚えておきたいですね。

この記事ではそんなROE・ROAについて書いていきます。

ここの記事でわかること

・投資本でROE・ROAが重要視されている理由
・ROE・ROAがだめな理由
・代わりとなる指標

ROEを使っている投資家の方は、少し時間をとって読んでみてください。

ROE、ROAってなんなのか?

株の投資本なんかによく書いてあるのが、ROEが高い株に投資をするというようなこと。

なぜROEが重要視されているのかというとROEは、企業が効率よく利益を稼ぐ力を見ているからです。

ってよく説明されているけど正直???ってなんないですか?

ROE=資金効率性

例えば10万円入れたら勝手に11万円出すスロットAと、20万円入れたら勝手に21万円出すスロットBがあったらどっちに座りますかって話です。

少ないお金で同額増やせるならスロットAに座る人が多いはずです。(株でいうと投資する)
だって10万円しか手元にない人は、10万誰かに借りないとスロットBには座れないんですから。

ROEでいうと
スロットA=10%
スロットB=5%

ROEが高いほうが魅力なのはわかりましたか?

そんなスロットはありえないのですが、企業が効率よく稼ぐ力って言うのはそんな感じだと思ってください。

ROEとは企業が自社が持っている元手で、どれだけお金を増やせるかを見ている指標なんです。

ここが重要なんですが、この指標が何を教えてくれているのかというと経営者の経営力なんです。

ROAとROEの違い

ROAもROEの様に語られますが、その違いは何なのでしょうか?

ROE、ROAの違いは何に対して利益の効率性を見ているかの違いです。

ROEは自己資本(株式を売って得たお金)で純利益の効率性を考えているのに対して、
ROAはすべての資産(自己資本や負債、土地、商品含む)で効率性を考えているのです。

ここで、ROE、ROAそれぞれには問題点があります。

ROEの問題点:負債が含まれていないこと。事業をしていく上で、負債をしている企業は多いですよね。しかし、自己資本しか考えられていないROEでは負債は無視して、効率性を考えているのです。

ROAの問題点:余計なものが含まれていること。土地や建物、仕掛り品などすべてが純利益に寄与しているわけではないですよね。そんなものすべてをひっくるめてROAは効率性を見ているのです。

万能な効率性をみる指標「ROIC」

ROE・ROAには、欠陥があるという話をしましたが、実は問題を解決する指標があります。

それは「ROIC」

先程上げた問題点を振り返ると、企業の資産から効率性を見た場合に
ROEは負債が含まれていない、ROAは余計なものが含まれているということでした。

じゃあどうすれば理想かというと、自己資本に負債を加えてそれ以外の余計なものを入れないのが1番ということになります。

それがROICです。

ROIC=純利益/(自己資本+有利子負債)×100

で表すことができます。

実際にROICを出してみる

では実際にROICを計算してみます。

今回は2019年の年初来値上がり率でランキング1位のホープを参考に見てみましょう。

ROICを出すためには、純利益、自己資本、有利子負債の3つが必要です。順に見ていきましょう。

純利益

純利益を見るには、四季報の業績を見ましょう。

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS 配当
単17.6 1,774 23 34 17 12.9 0
単18.6 2,269 -121 -114 -128 -92.1 0
単19.6 3,862 87 95 75 54.2 0
単20.6予 11,500 300 330 250 179.3 0
単21.6予 12,300 350 390 300 215.2 0~3

で、ホープの19年の業績は75百万です。

次に自己資本を見てみます。

自己資本

上の画像は2019年決算短信の純資産の部を見ています。

自己資本を出すためには、株主資本とその他の包括利益累計額を足す必要があります。

自己資本=株主資本+その他の包括利益累計額

ホープの決算短信にはその他の包括利益累計額がないので株主資本の数字がそのまま自己資本ということになりますね。

自己資本=517817千円≒518百万円

有利子負債

最後に有利子負債です。有利子負債は四季報の財務の項目を見ましょう。

【財務】 <単19.9>百万円
総資産 2730
自己資本 519
自己資本比率 19.0%
資本金 246
利益剰余金 72
有利子負債 778

有利子負債=778百万

これで3つの数字が出揃ったので計算してみます。

ROIC=75/(518+778)×100=5.78%

ホープのROICは5.78%ということがわかりました。

ROICをどう活かすか

今回の記事は企業の資金効率性の指標について解説してきました。

まずはROEとROAには欠点があるということ。
これらを見て投資するのはおすすめできません。

そこでその欠点を補う指標ROICについて学びました。
そして資金効率性というのは、経営者の経営力を見ているわけです。

あとはこの指標をどう活かすかはあなた次第です。

基本的にROICの指標だけをみて投資することはしないのが賢明です。
指標というのは組み合わせて見ることが肝心ですからね。

ぜひ今後の投資に活かしてみてください。