意外とためになる話

100万円から投資を始めてなにが悪い!

「投資を始めるのは1000万以上ないと意味ないですよ」

このようなことを言われたことがあります。

かぶとらです。

今回の記事は投資を始めるのに必要な資金についてを書きます。

「少資本で大丈夫かな?」とか「いくら貯めれば良いのかわからない」という人は読んでみてください。

かぶとら
かぶとら
投資資金への考え方がわかります。

100万円でも始めてみよう

結論から言うと、「いくらでもいい」っていうのが僕の考え。

投資を始めようと思ったときが始めるべきときなんですよ!

なぜいくらでもいいのか

「投資を始めるのは1000万以上ないと意味ないですよ」

と言われた時、真っ先に思い浮かんだのが

「じゃあ1000万円で始めたからって確実に資産増やせるのか?」

ってこと。

1000万円を元手に投資を始めたかねとらくん。

それと同時に100万円を元手に始めたかぶとらくん。

ふたりとも全力で株式を購入しました。

翌日、まさかの大暴落。おかげで資産は50%減。

このようなことが起こった場合、かねとらくんが元の資産まで増やすのに何年かかるのかですね。

失敗するなら資産が少ないときの方が良いに決まってます。

損はしたくないですから。

でも、質問がこうなら話は違ってきますね。

”資産を1億円にしたいのですが、100万でできますか?”

「無理です」

かぶとら
かぶとら
あくまで資産を運用する目的であれば100万でも50万でも問題ないです

入金しつつ、投資の力をつける

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sport-4765008_640.jpg です

むしろ、僕は少ない金額で投資を始めるべきだと考えています。

・損失が少ない

・精神への負担が少ない

・短期間で貯めれて始めやすい

このようなメリットがあるわけです。

しかし、投資を始めたからには、資産を大きくしたいわけですよね。

少ない資金ではそれが難しい。

そこで、大事なのが入金力です。

取り扱う金額は、自分の実力に合った金額であるべきだと考えています。

子供にお金をもたせると、すぐに使ってしまうのはお金の使い方を知らないからです。

それと同じで、投資の仕方を知らない人が大金を持つとすぐに失くなってしまいます。

つまりまとめると

・大きな金額でいきなり投資を始めると大損する確率が高くなる

・実力に伴った金額で投資はすべき

・入金力をあげ、実力を上げるのが投資

まぁこういうことです。

目的に応じた金額を

いまは、シミュレーションで取引できる時代なので、小資金での取引なんていらないよなんて意見の人もいるかも知れませんね。

でもほんとにそれ言い切れんの?って思っちゃうんですよね。

本物のお金がかかった場面で、動揺や感情を入れずに取引できるのか

と言いたいです。

初心者におすすめの運用方法

  1. 小資金で始める
  2. 勉強、株選定を磨く
  3. 長期投資
  4. 入金力、投資資金を上げる
  5. 新たな株に投資

くれぐれも大きな資金での運用で始めないようにしましょ。