ニュース

LINE PayカードはQUICPay対応でiPhoneでも使える!バーチャルカード・プラスチックカードの使いみち

LINE Payカード

LINE Payカードにはプラスチックカードとヴァーチャルカードの2種類があり、プラスチックカードのLINEPayであれば提示することで店頭で使えます。

バーチャルカードのLINEPayでも、QUICPayを利用することで店頭利用できるのを知っていますか?

ペインコ
ペインコ
LINEPayカードもスマホ決済で使えればおサイフはいらないデスネ

そこで今回はQUICPayの利用方法とLINEPayのバーチャールカード・プラスチックカードについて解説していきます。

ここでわかること

  • QUICPayとは何か?
  • LINEPayのバーチャールカード・プラスチックカードの違い

LINE PayカードをQUICPay利用するとどうなる?

通常LINE Payカードのヴァーチャルカード利用方法は、オンライン決済での利用が中心です。

ところがQUICPayを使うことで実在しないバーチャルカードでも店頭利用ができるようになります。

QUICPayと他の電子マネーとの違い

QUICPayは電子マネーの1つです。とはいってもSuicaなどの電子マネーなどと違いとは少し違います。

QUICPayとSuica(その他の電子マネー)の比較表

  QUICPay Suica
ポイント還元 ない JREポイント
チャージ 必要ない 現金もしくは銀行口座・クレジットカード
クレジットカード(プリペイド・デビットカード) 登録が必要 なくても大丈夫

Suicaの場合はクレジットカードがなくても現金からチャージを行い、改札やレジで利用します。

QUICPayの場合は、クレジットカード(もしくはプリペイドカード・デビットカード)から決済が行われるので登録が必要です。

なのでQUICPayが付帯しているクレジットカードも多いんですよね。

QUICPayでの決済は登録されたクレジットカードやプリペイドカードから直接引き落としされます。ポイントは登録されたクレジットカードなどのポイントしかたまりません。

Suicaでクレジットカードを利用すると、Suicaのポイント(JREポイント)とクレジットカードのポイントが貯まります。

ポイントの2重取りができるのですね。

QUICPayで安心なのが補償です。不正利用などでの被害は登録されたカードの補償と同じ補償がうけられます。

スマホ決済ができるようになる

QUICPayは

  • ポイントがつかない
  • 補償もクレジットカードと同じ

これでは普通にクレジットカードを利用するのと何も変わりませんよね。

ここで大事なのは、QUICPayはクレジットカードをより便利に使うための電子マネーということです。

QUICPayを使うことでサインレス、スマホ決済ができるようになります。

特に、LINEPayのバーチャルカードだと店頭で利用できないのですが、QUICPayを利用することでスマホ決済ができるようになるのです。

QUICPayを利用すると点灯できるのはQUICPayの加盟店になります。QUICPayでは現在70万近い店舗での利用ができます。

ここで注意しなければいけないのが、登録しているカードがクレジットカードかプリペイドカードかで利用できる店舗が違うということ。

LINE Payカードはプリペイドカードなのでガソリンカードのでの利用ができません。

QUICPayが利用できる店舗を見る

iPhone・AndroidでLINE Payカードを使いたいなら

スマホ決済
「GooglePay・Apple Pay・おサイフケータイ」の比較:LINEPayカードでスマホ決済するならダウンロードしよう。LINE Payカードをスマホ決済で利用するためには、バーチャルカードを発行し、QUICPayもしくはSuicaにチャージ利用する必要が...

プラスチックカードとヴァーチャルカードどちらを使うべき?

ここで気になるのはプラスチックカードとヴァーチャルカードどちらを使うべきかということですよね。

2つのカードの違い

2つのカードのにはどのような違いがあるのでしょうか?

バーチャルカードとプラスチックカードの違い

  • 利用できる店舗数
  • スマホ決済かカードの決済かの違い
  • チャージできる方法が増える
  • デザインが選べる

利用できる店舗数

まずプラスチックのLINE PayカードですとJCBのマークがあるお店で利用できることができます。全国900万店での利用ができます。

JCB加盟店を見る

それに対してバーチャルのLINE PayカードですとQUICPayに加盟している70万店舗。サービスの幅ではプラスチックカードのほうが良いと言えますね。

スマホ決済かカード決済かの違い

財布がパンパンになるからカードをあまり持ち歩きたくないというのであればスマホ決済ができるバーチャルカードを選ぶと良いでしょう。

カード決済になってしまうプラスチックカードを持つ人は、財布が気にならないといった人やプラスチックカード1枚とマネークリップで出かけるというような人に最適です。

チャージできる方法が増える

プラスチックのLINE Payカードがあることでセブン銀行ATMでのチャージができるようになります。

ただ、LINEPayを頻繁に利用するような人は、チャージに便利な銀行口座を登録しているでしょうからあまり関係ないかもしれませんね。

LINE Pay
LINEPayのチャージの仕方!チャージの方法は6つ それぞれ詳しく解説LINEPayでは6つのチャージの方法があります。 スマホでチャージ 銀行口座からチャージ オートチャージ コンビニ(店頭)でチャ...

デザインが選べる

バーチャルカードだと白色のカードですよね。

ヴァーチャルカード

プラスチックカードだとデザインを数種類の中から選ぶことができます。

どっちがいいかは人それぞれ

スマホ決済を重要視する人はバーチャルカードを選ぶといいでしょう。

利用できる店舗を重要視するのであればプラスチックカードが便利です。

結局は自分がどこを重要視しているかですよね。

LINE Payカードの発行・登録方法